車 下取り

車の下取り価格に関する情報。相場や注意点など、車の下取り価格について書いています。
 

2017年05月06日

新車見積もり後、成約で1万円プレゼント

月間見積もり依頼数6万5千件のオートックワン。

2017年5月1日〜2017年7月31日で、新車見積もり成約応援キャンペーンをやっています。



新車の無料見積ならオートックワン!


期間中に新車見積もりをして、その後に成約をするともれなくお祝い金1万円をもらえます。

★見積もり依頼をしたディーラー以外での成約
★見積もり依頼をしたのと別の車種を成約
でもキャンペーン対象となります。
(つまり、1万円をもらえます)

これはなかなか魅力的なキャンペーンではないでしょうか。

新車購入を考えている方は、利用してみてはどうでしょう!


posted by 自動車買取 at 03:30| そのほか

2017年03月23日

車の売却価格相場を知りたいときにはここをチェック

「ディーラーに提示された今の車の下取り価格が安い気がする・・・。妥当な値段なのか、知りたい」といったときには以下をチェックしてみるといいですよ。

ここ→買い取り業者よりも15%〜25%高い買取価格!カープライス


申込みとかしなくとも、サイトにあるフォームでメーカー・年式・車種を選択すると、売却価格の幅をすぐに表示してくれます。

事故歴とかないのに、ディーラーの下取り見積もり価格が低いときには、別ルートでの売却を検討するほうがいいかも知れません。

上記の業者に頼むのもありかも知れないですし、車買取業者に査定してもらって、納得できる価格のところに売るのもありだと思います。

posted by 自動車買取 at 01:52| 車 下取り 価格

2016年02月06日

車の下取り価格 ディーラー間での違い

実家にいる母が、そろそろ車を買い換えようと検討しています。

ディーラー何件かに行っていま乗っている車の下取り査定額を聞いてみたところ、15万円位違いがあったそうです。

「やっぱりいくつかのお店を回って聞いてみるものね」のように言っていました。

実際には純粋な下取り価格の差ではないような気がしますが、あまり突っ込んでは言わないようにしました。

図解をしないと伝わらない気がしたので。

どういうことかというと、ディーラーは本来の査定額をそのまま提示してくるとは限らない、ということです。

「もう少し値引きしてくれませんか」と客が言ってくるのを見越して、下取り額を最初は低く提示するお店(ディーラー)があるのです。

「いや〜、これ以上の値引きは正直難しいです。でも下取り額をもう少しアップできないか頑張ってみます!」といった展開に持っていくために、最初は下取り額を低めに出すところがあります。

もしくは、その下取り額の余力分を新車値引き額に入れ込むとか。

本当は20万円で下取りできるけれど、10万円と伝えておく。
新車購入の交渉のなかで「もっと値引きして」と言われたら、余力10万円を新車値引き額にあてる、と。

いま乗っている車をちゃんと高く買い取ってもらおうと思ったら、ディーラーのみではなく「買取業者に何社か査定に来てもらって見積もりを行ってもらう」というステップが必要になります。
そこで出た最高額を持って、ディーラー担当者との交渉に臨む、と。
(2回めや3回めの詰めの交渉時で構いません)

でも、「ディーラーの下取り額」が「買取業者の査定額」を上回るケースはまずないと思ったほうがいいみたいです。
つまり、ほぼすべてのケースで「ディーラーの下取り額」<「買取業者の査定額」となります。

そういうものだと思って交渉に臨むか、もうディーラーには期待しないで、いま乗っている車は買取業者に買い取ってもらうようにするのがいいと思います。


posted by 自動車買取 at 02:57| 車 下取り 価格